2009年04月14日

八丈島

鰹にはとり方や輸送手段などの違いで呼び方が結構違います。
 
有名なのは土佐の一本釣りですが私たちの中では
日戻りケンケンの方がいいとされています。
 
理由は色々ですが、一本釣りは投げるので身割れしてる事が良くあるからです
ケンケンは延縄なので身割れが少ないとか・・・。
 
輸送手段ですが日戻りと言うの暗いうちから出港して近海の漁場を目指し、夕方までに戻ってくる鮮度のよいものを指します、だから日戻りのケンケンがいいとされます。
 
そのほかに航空便なんてもありますがそれはまた今度。
 
今日紹介したいのは八丈島の「樽かつお」
 
文字どうりこんな感じで送られてきます。
 
 
樽カツオ
八丈島は東京からも近いし高速の漁船でくれば
鮮度はどこの鰹より良いですね。
 
築地でも樽鰹は少し高めですが最近は先ほどの航空便など多様化してますので
一概にどこが良いとは言えないところもありますがね。
 
katsu
 
posted by 初藤 at 12:51 | TrackBack(0) | 素材関係
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28465465
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック